読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぎょメモ

都内某社でデジタルマーケティングとか社内ライターとかしてがんばっている。勉強中で日頃気になったアレコレをまとめます。気持ちアドテク多めな気持ち。

なくなるものと、そうでないもの。26歳にもなって何をしているのだろうか。

 

仕事中に集中力の限界を迎えて、ふと考える。早めに帰宅して、ふと考える。

利益や価値といったものを社会に創出すべき社会人として最も価値のあることから離れたことを書く。

 

そういえば、先月の23日で26歳になった。

しかし大人になった気はしない。クリティカルに歳をとる=大人になるために必要な何かを、そんなに浴びていない気がする。

具体的には、「仕事をしすぎてプライベートが広がらない」。

こういう3年目くらいの社会人、結構居ると思う。それとも自分がダメなだけだろうか。

 

ひとを成長させるには、心に傷を負う経験が必要だと思う。

 

 

インターネットとかスマートフォンとか仕事で管理するTODOリストとか、LINEでのやりとりとか、記録するツールに囲まれて、仕事だけならまだしも、プライベートでも忘れることを忘れてしまったりなくすことがなくなってしまったりする。

忘れたらそのたびに思い出せばいいし、なくしたらまた探せばいい。そんな時間があっていいし、美化されるならそれもいい。美化されて思い出がきれいに、そして強くなってつらいときに自分を支える何かになるなら、それでいい。

 

そんなことすら自分の中から消えてしまったりする。これは流れのあまりにはやくて、あまりにインターネットやデジタルが身近にある今、結構気をつけなくてはならない。ひとはもっと馬鹿でいいし、もっと無駄でいい。忘れたりミスったり、思い違いや勘違いで無学でいい。そうであっても確かに豊かであること、それがなんとかなっていればいい。

そして同時にそれが一番難しい。そこで自分にとって何が豊かの基準になるだろうか。むしろその基準を創り上げることこそが、人生の醍醐味ではないかとも思えるし、そうであるにはどうしたらよいのかを自問自答、仮説検証していくのも人生なのかもしれない。

 

なんか去年末、iPhoneを無くした。焼肉食べてたらなくした。

全然酔ってなかったし、完全に自分が悪いのだけど、それでも肉は旨かった。

 

iPhoneを無くしてなくなったものが結構あったし、その一方で機械的に(クラウドとか)でそのままなものも結構あった。でも大事なものほど大体なくなってた気がしている。この仕分けはすごいと思った。やるおるな現実。

なんとか手繰り寄せたものもいくつかあったが、関係性は戻ってきても、内容は戻ってこない。思い出と呼ばれるものも帰ってこない、それ以上に(ほぼ一方的に)暖かさみたいなものをだいぶ失った気がする。何を言っているんだと思うかもしれないけど、なんかそういう感じなんです。

 

時々妄想することがある。自分の人生に関わったいろんなひとを呼んで、オールスター同窓会をするとしたらどんな感じになるか。オールスターでなくても、個別に飲みに行ったらどんな話ができるかな、聞けるかな、そしてどう振り返るかな。

結局、昔お世話になった地元の先生や友達や、大学時代にちょっとだけ喋った人とか、あとはがっつり過去の恋人や、いろんなひとの人生をつまみ食いしてみたい。し、こちらの人生を見て欲しいし感想を聞いてみたい。

 

そうやって毎日生きていたりする。なるべく楽しい話がしたい。そのために頑張りたいし、どんどん楽しいことや新しいことには突っ込んで生きたい。

どこかのタイミングで、30歳かな、次は45歳くらいかな。そういういろんなところに散らばった自分の人生を拾い集めてまた眺めてみたい。あーいろいろあるんだなぁとか、あーこんなところまで人生来たのかぁ とか、おいおいお前そんなんなったんかとか、そんな感じでちょろっと一杯いけたら、なんかとても素敵じゃないか。

 

なんというか、手を離れていくものほど大体なくしたくないものだったりするし、意識しないでも残るのは本当は本質的じゃなかったりする。

そしてとても大切で、かついつになってもなくならないというとても素晴らしいもの(親とかに本格的に報告したりするやつを筆頭に)は、実は自覚のあるなしに関わらずなくならないように一生懸命になって必死になってたものだったりする 。

 

時間の流れには、受け身でいたら逆らえない。自分からこうしたいああしたい、こうはなりたくないみたいな動きをしないといけない。「どうにかなる」「なんとかなる」みたいなものは、ある一定以上の努力や行動を残したひとが使える言葉。そうでないとポジティブにことは運ばない。そういえばシャーマンキングの主人公も、すっごくふんばっていた。ゆるゆるだるだるではあるが、彼はそもそもある程度スペックが高い。まずはそこまでいかねばならない。そこまでいって、初めて「なんとかなる」のだ。それ以下でヘラヘラしていてもなんともならない。

 

 

なので明日からはもうちょっといろんなものにふんばろうと思う。きっとさらにいろんなものが邪魔をしてくるだろうし、言ってしまえば自分の気持ち以外のすべてが敵になるかもしれない。それでもまぁまぁ休みながら、そこそこふんばって、死なない程度にファッキン現代社会にガンとばして生きていく。

まとまらない。

 

 

そろそろ、蚊取り線香の季節になったな

 

なんつって。