読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぎょメモ

都内某社でデジタルマーケティングとか社内ライターとかしてがんばっている。勉強中で日頃気になったアレコレをまとめます。気持ちアドテク多めな気持ち。

10-12月、及び1-3月の振り返りと所信表明的な。

 

 

来期に向けては、「ダイナミックかつドライ」で在りたいと思います。

 

というわけで自分の反省をば。

 

既存業務においてはほぼすべてが新規メニュー、新規の取引メディアなど、事例のない中での業務が中心となった。

3月現時点で各メニューで案件が走り出せるよう環境構築に努めたが、数字面では引き続き苦しい結果となり、業務の取捨選択や、営業とのコミュニケーションにおいては担当媒体も工数の割りに薄利のため、もっとドライであるべきであった。

 

新規領域に関しては、提案数に対しての精度、及びクロージングにおいてさらに専門的な知識と場数の必要があると痛感した。

アドテクノロジーにおけるデータ事業という過去に同じビジネスモデルにない取り組みは、取引先にとってファーストプライオリティでないため、いかに意思決定のスピードと優先度を上げるかが課題として残る。

今後は「必要な判断数を減らす」ような提案戦略とソリューション採用のロジックを組み立てる。

また、全社的な新規事業としての戦略策定、戦略構築についてもさらに拡大の見込みのある市場を攻めていくような動きが必要。

マーケットへのアンテナは張りつつ、今後は現在見ているメイン2事業、その2事業が万が一にコケた際に柔軟にシフトできる代替事業案についても構想しておく。

 

 

というわけで、来期に向けては、「ダイナミックかつドライ」で在りたいと思います。

 

夢を膨らますことは自由ですが、そもそも数字や実現可能性、スケジュールにおいての仕切りをもっとドライに判断します。

とはいえ、目の前の課題をちょこちょこクリアしていったところで、果たしてそこまで20代という体力的には最もフレッシュな自分の社会人人生をリソースとしてささげる必要があるのか、みたいな風になってもおもしろくないので、絵は大きく、ダイナミックなものを描きます。

 

上から攻めたり、大きいところから食っていきましょう。

 

 

そんなこんなで、逃げられないように公開できる範囲で公開してみるのでした。

 

 

なんつって。